出版社:山と溪谷社 発売日:1999/8/1

 1955年第10回神奈川国体が開催された後、丹沢塔ノ岳の尊仏山荘に集う岳人を中心に東京クレッタークラブを加わり山岳会創設の胎動が始まる。

 山岳会の命名は議論の末、奥野幸道氏、藤江幾太郎氏さらに山岸猛男氏らが戦前から組織していた「相模野会」の名称を賜り、山岳連盟登録名のひらがなの「さがみの会」として1963年2月に創設された。初代会長は丹沢の主といわれた上の写真の「丹沢尊仏山荘物語」の著者である山岸猛男氏である。現在は故山岸猛男の娘婿である花立昭雄が二代目会長に就いている。

「さがみの会の沿革」は、こちらです。