玄倉川水系_小川谷廊下_2022年9月3日(土)

今週はキョウちゃんのリクエストで小川谷廊下で沢登り予定だったが、台風の影響もあり昨日まで天気予報が日替わりで変わり土日のどちらにするか判断するのが難しかった。おまけに丹沢湖ではここ一週間で60mmを超える雨量があったので増水もマイナス要因だった。ヤマテンもどっちつかず書き方で予報の困難さがうかがえた。台風が北上をはじめたことを考えると土曜日の方がその影響は小さいと考え土曜日に行くことにした。結局、現場に行ってみないことには行けるかどうかわからないということだ。

今日の装備は、通常の個人装備と40mロープ、ハーケンとハンマーだ。ハーケンは中間支点では使用せず、ビレイ用の支点として2カ所使用した。

朝6時半にユーシン渓谷駐車場に集合した。私は朝6時には着いたがすでに数台の車が停まっているが人は誰もいなかった。空は雲で一面覆われている。山腹にも雲がかかっていた。

キョウちゃんたちがちょっとして到着したが、天気が天気だけにモチベーションだだ下がりで「中止ですか?」と聞いてきたが、私は「行ってみないとわからない」と答えた。しばらくしてタカちゃんが来た。いつも一番乗りなのに珍しい。モチベーション低いか、飲み過ぎだろうと思った。

とにかく現場(小川谷廊下)まで行って見ないことには始まらないので6:34に出発した。林道を1時間ほど歩く。途中、林道が玄倉林道と中ノ沢林道に分岐するが左の中ノ沢林道を進む。

中ノ沢林道には大きめの新しい岩が落石していた。

下を向き加減のキョウちゃんとユウちゃん。

小川谷廊下はじめてのタカちゃんが先頭を行き、ああでもないこうでもないとメンバーはついて行く。私は昨年隊長と来ているが記憶があまり定かではない。沢に下りて沢を上流に遡行して小川谷廊下の入口に着いたことだけは覚えていた。

結局、我々は中ノ沢林道を石塀まで登り、穴ノ平沢に下りた。ヤマレコでは良く見るルートだ。私も最初の小川谷廊下はこのルートだった。沢に下りた私は昨年と勘違いし穴ノ平沢を上流に遡行してしまった。タカちゃんが行き過ぎているというので戻ることになった。そこから穴ノ平沢の堰堤を3つ下りることになった。堰堤の横に梯子は付いているが丸パイプ製で湿っているので滑りやすく怖い。

1つ目の堰堤を下りる。

2つ目の堰堤。

3つ目の堰堤を下りた。

擦った揉んだして小川谷廊下の入口に着いた。

3m滝をフリーで登るキョウちゃん。

CS2条4m滝はCS右側を登ります。

先行のふたりは倒木を利用してフリーで登り後続のふたりお助け紐を利用しました。

右苔壁6mは3人は左側を登りました。

タカちゃんは苔壁をひとりでクリア。

増水した沢をワイワイ言いながら通過。

先行の方2名は滝の落口で流芯の内側を向こう側に行き突破してました。

我々は流芯の左側から一段上のバンドに乗り左上して抜けました。

ステミングで突破するユウちゃん。

キョウちゃんも続きます。

タカちゃんも余裕で突破。

ここは滝下に取り付いてから登るのが大変そうだったので巻きました。

どんどん先に進みます。

タカちゃん水流突破です。

ユウちゃんも続きます。

キョウちゃんはあまりの水圧に左側から登ります。

この滝は巻きました。

滝がどんどん続きます。

この滝は皆さん好きなところをフリーで登りました。

綺麗なゴルジュ帯を抜けます。

左側、右側と皆んな好き勝手に登ります。キョウちゃんと私は左側をビレイで。

キョウちゃんが登っていきます。

この滝はステミングでフリーで登りました。

ユウちゃんが水流突破です。

キョウちゃんもアクロバティックに突破。ここら辺でキョウちゃんのモチベーション100%回復。

フリーで登るキョウちゃん。

タカちゃんも続きます。

一旦癒し系の沢になりました。

有名なスベリ台は今は下側を通過するようです。

スベリ台の下側。

ここはタカちゃん以外は素直に巻きましたが、タカちゃんは果敢にチャレンジ。

敗退しました。

癒し系のナメ滝です。

皆さんはしゃいでスベリ台を滑ってます。ここら辺でキョウちゃんのモチベーション150%回復でした^_^

また、狭いゴルジュ帯が現れました。

皆さんフリーで突破します。

ここは安全のためロープをつないで登りキョウちゃんとサポートするユウちゃん。

増水のため横からも流水があるため幻想的な渓相です。

ここは左側の壁をフリーで突破します。

石棚20mの手前の滝は右側からクリアします。

石棚20mは右岸の石壁を巻きます。

右岸の石壁を巻くキョウちゃん。

巻き途中に登れそうな滝が見えましたが巻くので登れません。

左側をヘツってクリアします。

キョウちゃんとタカちゃんが登ってきます。

再び癒し系の沢の渓相です。

癒し系の沢を堪能する3人。

と思いきや再び狭いゴルジュ帯が見えて来ました。

ここは滝壺と戯れながら突破。

ここは沢の真ん中の岩に乗って横から流れ落ちる水流を横目にクリアします。

癒し系の沢が再びあらわれました。

大きな滝壺。タカちゃんは早速泳ぎました。

崩れた堰堤手前の滝です。

タカちゃんリードで登ります。

今日のビレイも終了です。お連れ様でした。

タカちゃん、この壊れた堰堤を世界遺産と言ってました^^;

エンディングは癒し系で。

と思いきや小滝がありました。私は登るときに足を吊り断念。タカちゃんが挑むももう少しのところで押し戻されました。

チチタケ。

タカちゃんが後から調べたらカラカサタケというキノコだそうです。

調査中。

シロソウメンタケ。

調査中。

13時ごろ脱渓し、15:27にユーシン渓谷駐車場に戻りました。

行きと違って帰りは晴れ。皆さん、楽しんでくれたみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。